HOME>Column>まだ若いから大丈夫なんてウソ?老眼チェックをするメリット

まだ若いから大丈夫なんてウソ?老眼チェックをするメリット

男女

早い段階で老眼になると仕事に大きな支障をきたしてしまうかも!

老眼とは、一般的には年をとるに従って、近くの物が見えにくくなることをいいます。そして、その原因は、眼のレンズの役割をしている水晶体が、固くなり、変形しづらくなるためといわれています。自分で老眼かどうかを知るためには、その症状がでているをチェックします。その症状は、新聞や本などの近くの字が、見えにくくなる。そして、肩こりや頭痛がする。他にも、眼がつかれやすくなり、近くと遠くのピントが合わないことなどがあります。そして、今問題になっているのが、20代や30代の若い世代でのスマホ老眼です。それは、スマホを見続けることで、毛様体筋という水晶体を動かす筋肉が、凝り固まることから起こります。若いうちの老眼は、仕事に大きな支障をきたしてしまう可能性があります。そのためにも、早くからのチェックが必要です。

目頭を押さえる人

なるべく早めにアイケアを始めよう!

若い世代でのスマホ老眼が、今問題になっています。そして、早めのチェックをすることが、それを防ぐことにつながりますので、早めのチェックは大切なのです。しかし、それでも、スマホ老眼になってしまった場合には、早めのアイケアが必要です。そして、その場合、自分でできる対策もあるのです。その対策は、まずは、頻繁に休息を取って、長い時間スマホを見ないようにしましょう。スマホの画面を暗めにして、なるべく体から離して見ることや、まばたきを意識的に増やして、時々遠くを見ることなどがあります。その他にも、今は、ブルーライトカットやUVカットがされている、スマホ用の眼鏡も売っています。そして、それは、毛様体筋の負担を減らします。自分でケアをしても、改善されない場合があります。また、早くに直したい場合もあります。そんな時は、眼科専門医を受診すると良いでしょう。