最先端の医療技術、免疫細胞療法について知る

肺がんの治療

パソコンと看護師

近年、肺がんの患者数は増加傾向にあり、2013年のがん部位別死亡数では胃がんを抑えて1位となりました。そんな肺がんの治療に、今までとは全く違うアプローチで挑む薬が承認されました。その名はゲフィチニブ、近年注目される分子標的治療薬の一種です。 ゲフィチニブはEGFR(上皮成長因子受容体)といわれる、細胞の増殖にかかわる受容体をブロックすることで肺がんが大きくなるのを抑えます。 ゲフィチニブが今までの抗がん剤と違うところは、このEGFRの多くある細胞、つまり肺がん細胞だけを攻撃し、正常な細胞にはほとんどダメージを与えないことです。これにより今までの抗がん剤治療では避けられなかった、吐き気や脱毛といった副作用がほとんどありません。そのため、従来の抗がん剤では治療が難しかった方にも使用することができます。

肺がんと診断されたならば、早急に治療をはじめる必要があります。まずは、肺がんの治療に適している医療機関について調べましょう。 まずは、インターネットで検索して、肺がんのキーワードで重点的に探すことが大事です。治療を行っている医療機関が見つかりますので、検索の時間を節約できます。 肺がんの治療を受ける場合、医師に対する信頼度も重要ですが、看護師の対応をチェックする必要もあります。いざという時に、何でも相談できる看護師がいれば、安心して肺がんの治療を受けることができます。 そのためにも、医療機関を利用した人たちによる口コミサイトを閲覧しましょう。医師や看護師、放射線技師など、あらゆる医療スタッフの対応について詳細を知ることが可能です。