最先端の医療技術、免疫細胞療法について知る

痔の対処法

いろいろな薬と注射器

痔になった場合にどの病院へ向かえばよいのか分からない時には、肛門科を掲げているところへ向かうのがよいでしょう。実は肛門専門の医師は全国に多くは存在せず、消化器外科の医師が、肛門科も同時に行っているケースがよく見かけられます。 痔の症状自体はさほど困難な治療ではないため、専門医ではないからと、不安になる必要はありません。手術を必要とするケースは稀で、殆どが薬を用いた治療を行うためです。但し、手術せざるを得ない場合には、肛門科を専門とする医師に頼んだ方がよいこともあります。 痔はとてもポピュラーな存在であるため、今後痔がなかなか治らない状態に陥った時のためにも、肛門科の現状の知識を身に着けておきたいものです。

便秘に悩む人が多くいますが、便秘になると便の水分が少なくなり、硬い状態で排便されることから、痔になってしまうことがよくあります。軽い症状であればすぐに治ってしまう痔ですが、便秘が慢性化すると傷口がどんどん広がり、治りにくくなってしまうことから、肛門科にて治療を行うことをおすすめします。 恥ずかしいからと肛門科の受診を躊躇する人もいるでしょうが、便秘と痔を改善する薬による治療が主で、市販の薬よりも効果が高いですから、簡単に完治します。 実際に調べてみると、胃腸からの出血が原因であったり、がんが原因である場合があるため、痔だからと放っておくと別の病気が進行する恐れがあり、注意が必要です。肛門科を受診することは、これらの病気を早期発見できるというメリットがあります。