HOME>クチコミ>「老眼チェックを放置して後悔した」そんな方の体験談

「老眼チェックを放置して後悔した」そんな方の体験談

老人

老化が進むと共に、老眼と呼ばれる症状に悩まされる人は多いです。目の調子がおかしいと感じた際にはしっかりとチェックし、自信が老眼でないかを確かめてみることが大切となります。

口コミ一覧

まさか自分がこんな早く老眼だったなんて思いもしなかった

疲れ目がひどくなったと感じていました。肩こりや頭痛や吐き気を感じて、更年期かもと婦人科に通ったこともありました。しかし、特別に異常なしと言う診断。そして、マッサージに行っても肩こりはなくなりません。すっかり、気落ちしながら日々を過ごしました。ある日、針の穴に糸をとおそうとしたら、まったく焦点があいません。家族が眼科に行くことを進められ、翌日眼科に行きました。検査を受けると老眼と言う診断。視力検査は問題なかったのですが、活字を見る視力をチェックしてもらったら老眼の判定を受けました。まさかの診断に驚いたのですが、医師の説明では「40代からは老眼になっても不思議なことではない」とのことでした。遠近両用メガネを作り使い始めたら、これまで悩まされた体調不良が嘘のようになくなりました。老眼が体全体の不調をまねくことに驚いた体験になります。
[40代|女性|主婦]

まだ30代だけど本格的な老眼になっていた。

視力が落ちたことはありませんでした。メガネもかけた経験もありません。しかし、物の見え方に違和感を覚えるようになりました。小さい文字が読みにくく感じたり、道具を取ろうとしたら目が霞んだりするようになりました。ただ、違和感があるのは、近くを見る時だけです。遠くを見ることには何も異常を感じません。そこで、疲れ目をだと判断して、目薬を指したり、蒸気の出るアイマスクで寝る前に目を温めたりしました。それでも、状況は変わりません。夕方になると仕事に支障が出る状態がおきるようになりました。そこで、近くを見るためのメガネを作ることにしました。メガネ店で視力をチェックしたら、老眼ではないかと指摘され、病院を受診するように進められ、病院で診断を受けました。すると老眼と診断されました。まだ老眼なんかならないと油断していました。スマホを使いすぎると30代でも本格的な老眼になるとはじめて知りました。
[30代|女性|美容職]