最先端の医療技術、免疫細胞療法について知る

優れた治療方法

病院のロビー

癌を患ってしまった場合、癌治療を行わなければなりません。しかし、癌の治療方法には副作用を伴うものが多く、治療に苦しんでいる方も少なくありません。 そこで近年登場した新たな癌治療法が、NK細胞療法です。NK細胞療法とは、NK細胞と呼ばれる攻撃性の高い細胞を利用して、発生した癌細胞を殺していく治療法です。NK細胞療法は、人間の身体が最初から持っている免疫力を強化する治療法なので、副作用が非常に少ないというのが優れている点です。 NK細胞療法は保険適用外なので、治療費が高額になりがちなのですが、中には料金を低く抑えている病院もあり、また医療費控除を利用することでさらに費用を軽減できます。NK細胞療法を行う際は、そういったことを確認してから行うと良いでしょう。

NK細胞療法とはがんにおける免疫療法の一種です。そして、NK細胞はナチュラルキラー細胞の略で、患者のから採取したリンパ球の中でも特にがんに対する殺傷能力が高いものを意味します。 それを選んで増殖させてから点滴を使って再び患者の体内に送り込むことでNK細胞療法はその目的を達成することができるのです。その効力は通常の免疫療法の比ではありませんが、同時に培養の難しさも尋常ではありません。 そのためどうしても治療費は高額になってしまうのです。NK細胞療法の治療費はおおよそ20万円から30万円が相場となっています。それを効果があるまで繰り返し行うわけですから場合によっては数百万単位のお金が必要になってきます。 NK細胞療法自体は自由診療であり健康保険の対象外です。しかし、治療費が高額になると医療費控除の対象となるので確定申告の際に手続きをすれば治療費の一部を控除してもらうことができます。